【マーケティング】プリキュアに共感する

主人公の13歳の女の子に共感…なわけない

きっかけは、「クライアス社」

トレンドサーチでも「急激増加」指定。Twitterで拡散され、新聞でも密かに取り上げられている。

正体は、現在放送中の「HUGっと!プリキュア」の悪の会社である。

会社の公式HPもあるし、経営理念だって掲げてる。

お父さんが共感

子供向けアニメに、親御さん向けの要素を入れるのは定番ですが、会社員向けは珍しいそうです。

第1話しか見ていないけど、アニメでは、こんな感じ。

  • 未来クリスタルを手に入れなければ本社に帰れない
  • ノルマを達成すると昇進する
  • 作戦の稟議書幹部会議で承認されて押印
  • プリキュアと戦う怪物を発注
  • 失敗すると始末書

Twitterでは

  • 失敗してもチャンスをくれるホワイト確定
  • 稟議書の承認まで15秒。ガチで羨ましい
  • 社員の一体感が素晴らしい。当社でも見習いたい
  • クライアス社に転職したい

…マジなコメントも多くて、若干重いです。

シーンを連想させるマーケティング

よく広告で用いられる、共感マーケティングのことです。

簡単に言えば、同じ価値観を持つ人に伝える手法です。

あ、アニメは普通におもしろいですよ。戦闘シーンもかっこいいし、また見たい。

 HUGっと!プリキュア - 東映アニメーション 
プリキュアシリーズ、第15弾
http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/character/criasu_company.php
「HUGっと!プリキュア」(はぐっと!プリキュア)は2018年2月4日朝8時30分放送開始!なんでもできる!なんでもなれる!輝く未来を抱きしめて!
おすすめの記事