人には支払いたいお金がある
人には支払いたいお金がある

価格の基準とは

そもそも、モノの価格って何を基準にしているのでしょうか。

大きく分けると、こんなところでしょう。

  • 原価に利益を載せて価格を決める
  • 競合との兼ね合いで決める
  • 標準的な価格を基準に決める

人には使いたいお金がある

価格を決めるのは、事業者ですから事業者目線なのは当然です。

でも、顧客目線の価格ということも覚えておいて下さい。

例えば、次のような場合は、いくらぐらいを想像しますか。

  • 普段のランチ
  • ひとりでゆっくり食べたい外食
  • 仲のよい友だちと飲みに行く

一皿50円の回転寿司があったら行きたいでしょうか。
1着300円のワイシャツがあったら買いたいでしょうか。

消費者は、品質を評価する場合に価格を参考にします。

ですので、想定より高くても安くても購買意欲が減ってしまうようです。

価格とは品質に対する期待値

そう考えると、価格と品質は同時に表示することは、意義がありますね。

あと、顧客ごとに求める品質が異なるので、同じ商品でもグレードを分けるのも良いでしょう。

このくらいお金を払いたい顧客のための商品という考え方も、覚えておいて下さい。

おすすめの記事